スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おすすめ住宅&土地の本

こんばんわ。はるまきです。

「読んでおもしろかった。」「役に立ちそうかも」と思った
おすすめの住宅と土地の本を2冊ほど紹介しようと思います。


まずはこちら

「コワ~い土地の話」
三住友郎氏著

本表紙1

この方は建築関連の業者をいくつか渡り歩き土地・不動産の
販売業に転職した方なんですけど、不動産をたくさん扱って
きたから知っている、ウラ事情と不動産にまつわるブラック
な落とし穴的な出来事を、例にそってわかりやすく紹介して
います。

土地に興味ない方でも、読み物として結構おもしろいのでは
ないかと思います。

土地を探されている方などはこれを読んでから探されると、
その土地が何がプラス査定で、何がマイナス査定なのか
「土地の見方」がわかっていいかと・・・。

ただ、この本にも書かれていたのですが、土地に「お得物件」
というものはないそうです。

結局土地はその値段以上価値があるということはない。
でも高くなりすぎていて実際の価値より損はすることがある。
って感じですかね。

でもその土地がマイナス査定されている理由が、気にならない
場合は、土地の金額が抑え目になるので、その人にとっては
「お得物件」ですよね。

なので土地は、「その人の考え方ひとつ」でもあると思います。

私は土地を決めたあとにAsさんにプランを相談しに行ったので
できれば決める前に相談に行くのをおすすめします。

建築屋さんの目線で土地を見てもらう。というのは大事です。

土地で間取りが決まる。という部分がかなりありますので。

たとえば、ガレージを作りたい人は南向きはあまり向かない
などありますので「やりたいこと」に合った土地を探すのが
大事だと思います。


この本に書かれていましたが、

「昔ながらの不動産屋さんは食えない」

と腹をくくっておく必要はあると思います。

確認は怠らない。確認していても、しつこいくらいもう一度確認する。
これくらいでちょうどいいかと。

この本は何度か改訂版など出ていますので同じ名前でもいくつか本が出ていますヨ。



後もうひとつはこちら

「現場監督がズバリ!家づくりここを気をつけろ」
佐久間哲氏著

本表紙2

現場監督をされていた著者が経験を踏まえてマイホームを建てる方に
「これだけは気をつけてほしい」をまとめた一冊。

これも現場サイドの方が書かれている本なのでとても参考になりました。

・営業マンの見分け方。
・建築会社を判断する方法。
・現場監督の見方。
・現場チェックの仕方。

などなど結構参考になる内容です。

この2冊に共通することは家を建てる側も最低限の知識を持って
何事にも確認をすること。
人任せにしない。人のせいにしない。
確認を怠ったものにも責任がある。と考える。
ですかね?

悪意をもって騙すつもりなどは問題外ですが、誰でもしたくてミスを
するわけではないので、お互いに確認し合いミスをなくす努力をする
ことが大事なんだな、と思います。

そうすることが自己防衛になりますし、嫌な思いをしないですむ。
いいことばかりですよね。

そんなわけでこちらの本、これから家を建てられる方は興味があれば
一読してみてはいかがでしょうか?




ランキングに参加しています
応援して下さる方ぽちっとお願い致します♪


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるまき110

Author:はるまき110
兼業主婦のはるまきとパパちゃん、娘の3人暮らし。
自然素材の家を建てる事を機に、ブログを始めて
今は新居のことや日々のこと、趣味の雑貨のことなど
色々と思いつくまま書き綴ってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。